ロゴ「ロゴ」という単語を聞いて皆様は何を思い浮かべるでしょうか。有名企業のロゴを頭に思い浮かべた人が多いと思います。企業の名前と直結して連想付けられるくらい強いロゴの力。そもそもロゴとは一体何なのでしょう。

ロゴとは、ロゴタイプの略称で図案化、装飾化された文字や文字列のことです。ロゴタイプとイラストなどを使った図を組み合わせたロゴマークという言葉も存在しますが、これは和製英語で英語圏では使用されません。英語のlogoはロゴマークとロゴタイプを合わせたものを指します。

ロゴタイプの特徴としましては、書体に関して何らかのデザインが施されている場合が多いことです。見た目で分かりやすく変化のあるものはもちろんのこと、普通我々が使用しているようなフォントを使っているように見える場合でも何らかの調整がしていたりします。このため、大きなリニューアルをしていない場合でも長年の細かい変化を重ねるにつれて、1番最初のロゴタイプと最新のロゴタイプを比べて驚くといったこともあります。

看板やパンフレット、その他の広報媒体。メディアに登場するとき多くの場面で欠かすことのできない存在となるロゴマーク。永続的な企業活動を目指そうと思うほど、そのデザインは最早「顔」そのものといってもいいかもしれません

 

ロゴの担う役割

役割会社運営のアイコンとして大切な一環をロゴ(ロゴタイプ、ロゴマークともに含む)は常にになってきた歴史が存在します。皆さんが何気なく、しかし確実に頭の片隅入っているロゴ。この項ではロゴの担う役割と、ロゴ作成の重要性について触れていきたいと触れていきたいと思います。

ロゴデザインには会社の経営方針や企業のコンセプト、歴史、将来に対する展望などの独自性をひとつのデザインに再構築し世間一般に広く知らしめる、CI(コーポレートアイデンティティ)という企業戦略と強い結びつきがあります。CIには「理念の統一」「行動の統一」「視覚の統一」の3つの要素がありまして、その中の「視覚の統一」が重きを置かれる場合が多いです。視覚からの情報のインパクトの強さから、ロゴデザインはCIの中心的役割を担っています。

では、そもそもロゴデザインの重要なポイントとは一体何なんでしょうか。まず一つ目は普遍性があること、そして二つ目は顧客の購買意欲をそそること。三つ目は社員の共通したフラグシップであること。この3点を押さえるとシンプルなデザインに偏る傾向にあるようです。

会社のロゴには会社の情報を全てそのデザインに集中させる必要があります。そのため、ロゴ作成には力を入れる必要があるのがお分かりいただけると思います。様々な企業のロゴに注目してみると面白い発見があるでしょう。


世の中には沢山の企業が存在し、それに伴い多様なロゴがあることは皆さんもご存知かと思います。しかし、皆さんが会社を経営するとして、そこまでロゴ作成に力を入れるでしょうか。それよりも「経営や営業などのその他業務に力を入れたい」という人もいるかもしれません。企業とロゴにはどんな関係があるのでしょうか。そこには意外なほど強い結びつきがありました。

デザイン性まず、ロゴには何らかのデザイン性が存在します。イラストや見た目で分かるほどに大きく違っている場合はもちろんのこと、たとえどんなに我々が使っているフォントと同じように見えても、そこには何らかの調整がされている場合がほとんどです。単なる文字の羅列ではありません。企業の顔として広報媒体で長年使われてきたロゴは調整に次ぐ調整の結果、創業当時のものから大分変化しているものの存在しています。

また、企業のロゴは単なる記号とは違った意味を持ちます。様々な理念や特色がそのひとつのデザインに込められているのです。そこにはCIという経営戦略が大きく関係しています。また、顧客にとって親しみがあること。時代に左右されない普遍性があることも重要です。

「人は見た目が9割」という言葉がありますが、企業にとってのロゴの存在もそれに近いくらい大切なものです。何の予備知識の無い顧客に対して、単純な文字やイラストのデザインで企業のすべてを好意的に伝えるものがロゴなのです。優良な企業には優良なロゴが付いていることからも、それが分かると思います。この記事を通じてロゴ作成の大切さが皆様に伝われば幸いです。