企業とロゴの関係


世の中には沢山の企業が存在し、それに伴い多様なロゴがあることは皆さんもご存知かと思います。しかし、皆さんが会社を経営するとして、そこまでロゴ作成に力を入れるでしょうか。それよりも「経営や営業などのその他業務に力を入れたい」という人もいるかもしれません。企業とロゴにはどんな関係があるのでしょうか。そこには意外なほど強い結びつきがありました。

デザイン性まず、ロゴには何らかのデザイン性が存在します。イラストや見た目で分かるほどに大きく違っている場合はもちろんのこと、たとえどんなに我々が使っているフォントと同じように見えても、そこには何らかの調整がされている場合がほとんどです。単なる文字の羅列ではありません。企業の顔として広報媒体で長年使われてきたロゴは調整に次ぐ調整の結果、創業当時のものから大分変化しているものの存在しています。

また、企業のロゴは単なる記号とは違った意味を持ちます。様々な理念や特色がそのひとつのデザインに込められているのです。そこにはCIという経営戦略が大きく関係しています。また、顧客にとって親しみがあること。時代に左右されない普遍性があることも重要です。

「人は見た目が9割」という言葉がありますが、企業にとってのロゴの存在もそれに近いくらい大切なものです。何の予備知識の無い顧客に対して、単純な文字やイラストのデザインで企業のすべてを好意的に伝えるものがロゴなのです。優良な企業には優良なロゴが付いていることからも、それが分かると思います。この記事を通じてロゴ作成の大切さが皆様に伝われば幸いです。

Comments have been closed/disabled for this content.